ステップ 3: 在庫フィードの設定

Locallyを使用すると、小売業者は何百もの主要ブランドのウェブサイトでの 最新の店頭での商品の入手可能性を無料で買い物客に報告することができます。あなたは、簡単な2列のスプレッドシートを生成し、それを自動的に実行するようにスケジュールすれば、お好みの方法を経由してLocallyに送信します。

このようなPOSシステムをすでにご使用の場合には、特定された手順に従ってください。

プレミア コクネクション
Ascend
Celerant
Lightspeed Retail
LinkEdge
NetSuite
Rain POS
RetailEdge
Retail Pro v8
Retail Pro v9
RICS
Shopify
Sportmas
Teamwork Retail

特定の指示があるその他のコネクション
Counterpoint, Epicor, IPOS, Lightspeed OnSite/Pro, POSIM, Quickbooks, Runit, Shopkeep, Tallysoft

POSがリストにない場合は、以下の手順に従ってください。 UPC / EANを使用しない場合は、最初に ここにアクセスしてください。



パート 1: インベントリ レポート設定

Locallyのブランドパートナー は、製品カタログ全体をLocallyに提供します。このため、 小売業者のPOSシステムからの最低限の情報(UPC / EANおよび手持ちの数量)のみが必要です。次に、手持ちのUPCをブランドカタログと照合して、UPCレベルの店頭在庫を提示します。

POSが最終チェックディジットなしでUPC / EANをエクスポートする場合は、私たちが正しく設定できるようにこちらにお知らせください。

レポートの設定:単一店舗の小売業者

2列のデータを含めて、あなたのシステムからインベントリレポートをエクスポートします。

  • A列: UPC/EAN
  • B列:手持ちの数量

次のファイル形式を受け入れます:.csv, .xls, .xlsx, .txt

あなたのシステムが A列と B列にUPCと数量を完全に配置していないようなレポートをエクスポートできる場合は、大丈夫です!私たちがどのようにファイルを受け入れるアダプターを作成できるかについて、お問い合わせください。

あなたのレポートを設定:多店舗小売業

複数の店舗をお持ちですか? そうでしたら、2つのオプションがあります。

オプション1:場所ごとに1つずつファイルを生成します。 10個のストアがある場合には、10個のファイルを生成します。 各ファイルは、上記の2つの列(UPC、数量)が含まれていなければなりません。どのファイル名がどの場所にあるのかをお知らせください。

 オプション2:すべての場所に対して単一の「マスター」インベントリ ファイルを生成します。 これを行うためには、ファイルがUPC、数量、ストアIDの3つの列になります。

この例では、小売業者には3つのロケーションがあり、IDは101、102、および103です。 C列 は各UPCの可用性が適用されるストアをLocallyに示します。ロケーションIDは何でもかまいません。 どのIDがどの場所に対応するかをお知らせください。

注意1:上記の列形式は理想的なテンプレートですが、必須フィールド(UPC、手持ち数量、店舗ID)が示されていれば、追加の形式を使用することもできます。 ヘッダー名は関係ありません。それを評価するために サンプルをお送りください。

注意2:将来的に、特定のブランドで小売業者が店内価格を表示できるようになる可能性があります。 将来の機能を見越して、ファイルの3列目または4列目に価格を入れることをお望みでしたら、そうしていただけます。


パート2:インベントリレポートをスケジュールする

利用可能な選択肢を買い物客に提示しているため、レポートは定期的に更新する必要があります。

  • Locallyに送信されるレポートは、少なくとも24時間ごとにスケジュールします。
  •  最も頻繁なレポートをお望みでしたら、60分ごとにLocallyに送信できます。

希望するファイル転送を選択し、レポートがその頻度で 更新され、Locallyに自動的に送信されるようにスケジュールを設定します。 ファイルの名前は毎日同じでなければなりません。

更新されたレポートを24時間ごとに提出することが問題になりますか? お問い合わせください 。あなたのオプションを確認したいと思います。

レポートを自動化できませんか?次の 手順に従って、レポートを手動でアップロードできます。



パート3:レポートをLocallyに同期する

次のいずれかの方法でファイルをLocallyにプッシュます。Locallyでは、存在する特定のオンラインロケーションからファイルを取得することもあります。

  • S/FTP
    • FTP / SFTP経由でファイルをプッシュするには、 あなたの locally.com アカウントから生成するか、Locallyにお問い合わせください。資格情報を取得したら、ファイルをフォルダーにドロップします。このパスを1日に数回ポーリングし、変更を吸収するためLocallyでシステムをリンクします。
    • ファイルを自分のS / FTPサーバーに投稿すること、互換性のあるファイルが既に存在する場所を既に持っていることをお望みですか?それも可能です!Locallyにアクセスを許可すれば、私たちがこの場所からファイルを取得できます。
  • Eメール:システム内のすべての店舗には、インベントリファイルを送信できる独自のEメールアドレスがあたえられますlocally.comのアカウントのこちら「Email Method」でご覧いただけます。
  • Dropbox:Dropboxフォルダーを作成し、「Locally」という名前を付けます。dropbox@locally.comとフォルダーを共有し、Locallyの連絡先に通知します。ファイルをフォルダーにドロップします。Locallyはシステムをリンクして、このフォルダーを1日に数回スキャンし、変更を吸収します。
  • URL:URLでファイルを取得できます。 これは、たとえばGoogle フィードでも実行できることをご承知ください。このフィードで手持ちの数量が利用できない場合、システムはUPCの存在をQOH = 1として、不在の場合をQOH = 0として扱います。 現時点では.xmlファイルを操作できないことにご注意ください。

さらなる詳細

在庫監査

Locallyはすべてのライブフィードを定期的にスキャンし、最新の状態を維持します。 Locallyが手持ちの合計数量の変化を48時間検出しない場合、システムに問題があると察知し、在庫フィードの 連絡先に自動通知が送信されます。72時間後に手持ちの数量に変化がない場合、システムはレポート送信においてエラーが発生したと判断し、買い物客が古い情報に基づいて行動しないように店の在庫を一時的に「ミュート」にします。 これが発生すると通知されます。

在庫の合計数量が変更されると、在庫フィードが「回復」され、買い物客への提示が再開されます。 統合によっては、フィードが回復したことの確認を受け取るまでに数時間かかる場合があります。

少量メッセージ

Locallyのデフォルト設定では、数量が1以上のUPCが「在庫あり」として表示されます。ただし、特定の数量のしきい値でカスタムメッセージを表示するオプションを提供しています。 これを行うには、希望するカスタムメッセージと、適用する必要がある数量のしきい値をLocallyの連絡先に通知してください。

この例では、小売業者は、数量が特定のしきい値以下になったときに「在庫数量が限られています」というカスタムメッセージを設定しています。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。